HOME >  樹木葬について知ろう >  そもそも樹木葬とは

そもそも樹木葬とは

このページでは、樹木葬のはじまりと、社会に広がっていたった経緯を書いています。

日本で最初の樹木葬

岩手県一関市の祥雲寺日本で一番最初の樹木葬は、1999年からと言われています。岩手県一関市にある祥雲寺が樹木葬墓地として里山の土地を開発したことから始まりました。

墓石でつくる墓標の代わりに植樹するなど、いわゆる自然葬の1つですが、散骨とは異なり「墓地埋葬法」という法律でお墓と認められた場所に遺骨を埋葬するので通常の墓石があるお墓と同じ扱いになります。

樹木葬も、決められた区画に対して使用料と管理費を支払っていくシステムなのですが、通常の墓石を立てるお墓との大きな違いは、継承者がいなくても良いということ。墓石ではなく樹木で永代供養なので、のちに無縁仏となっても、ずっと墓地や霊園の経営主体や運営会社が供養をしてくれます。

樹木葬が広まった理由

家の意識が薄れて、独身者や子供のいない夫婦などが普通となった現代では、承継者不在の人も沢山います。

そういう人にとって、通常のお墓は継承者がいないと購入できないため、ハードルが高くなります。継承者がいなくても購入できると広まると、「子供に負担をかけたくない」と考える人々が購入するようになりました。

加えて、自然環境保全に関心の高い層が、樹木葬による植樹に注目し、里山の自然を守るために樹木葬に興味を持つ方も多いようです。

人間も自然の一つ。宗教へのこだわりがあまりない方の中に、死後は土に還るのが自然で良いと考える方も増えています。そういった人々が増加することで、自然葬の1つとして樹木葬が広まっていきました。

樹木葬・自然葬・墓地・納骨堂の違いとは

墓地
都道府県知事の許可を受けた区域
墓地 寺院墓地、公営墓地、民営墓地、墓園(霊園)
これらは基本的に長男が継ぐもの。長男以外は、新しく墓を作る必要がある。 霊園は、公営もしくは民営
納骨堂 寺院納骨堂、公営納骨堂、民営納骨堂、合祀納骨堂
樹木葬 墓地区画にある樹木に遺骨を埋める形式の埋葬方法
墓地以外 自然葬 遺骨を埋葬せずに粉骨して、海などに散骨する。
一部を散骨、一部を埋葬するなどのパターンもある

骨を埋葬するのは墓地でしかできませんが、骨を粉末にする自然葬は、墓地以外でも可能なのです。

最近の樹木葬の傾向

もともと樹木葬は、お寺の墓地区画にある樹木の下に合祀する形で行われていました。近年では、個別に埋葬する形も出てきました。

また、かつての自然葬は、海に散骨することを指していましたが、山や木へ散骨するケースも増えています。
体を自然に返すという考え方で、墓標などはないのが通常でしたが、最近では、1本の木に1人など個別に散骨する、個別の区画に散骨するという考え方も出てきています。

本来、樹木葬と自然葬は、明確に違うものでした。しかし、ニーズに応えるに従い2つのサービスの境界線はあいまいになってきています。

そのため、当サイトでは、「樹木の側で自然に還れる形式の墓地・霊園・葬地」を樹木葬と定義しています。多様化しているサービスの中で、自分の希望に合う形を選ぶべきだと考えます。