HOME >  樹木葬について知ろう

樹木葬について知ろう

このカテゴリーでは、樹木葬とはどういったものなのか、また費用はどの程度かかるかという基礎を紹介していきます。

新しい埋葬の形

樹木葬は、まだ新しい形の葬儀のため、墓地に埋葬するこれまでの方法と比べて、認知度としてはまだ低いと言えそうです。(海や空中、山中に、粉骨をそのまま撒く散骨と勘違いをされるケースもあるそうです)

しかし、家の意識が薄れ核家族化している現代。とくに都市部では、継承者不要の永代供養を利用する方も見られます。

後々お参りの人がいなくなっても、常に緑や花に囲まれている樹木葬は、かなり注目されていると言えるでしょう。日本では、継承者がいない無縁仏になる可能性のあるお墓は、最初から管理しているお寺などが許可をしないことも多いのです。加えて近年は、人間も自然界の生き物、死後は宗教にとらわれず自然に還るのが良いと考える人も多くなっていて、そういう人々から「自然葬」の1つとして選ばれているのだそうです。

社会貢献としての樹木葬

樹木葬は、植樹という行為を伴います。これを利用して、里山に緑を戻し、維持保全しようというプロジェクトもあり、沢山の人の賛同を得ているようです。墓所が持てずに困っている人のためにつくられた、霊園による樹木葬もあります。墓石のある埋葬が家を継承していくシンボルならば、樹木葬は個のものであり、社会貢献もできる埋葬としてこれからどんどん発展していくと思われます。