HOME >  知っておきたい墓地・霊園の選び方 >  立地条件と宗教・宗派

立地条件と宗教・宗派

このページでは、墓地・霊園の選び方として立地と宗派・宗教に関することを掲載しています。

立地選びの注意点

樹木葬の「ふれあいパーク」墓地や霊園は、自分自身が眠ることもありますが、家族が何度も訪れる場所です。そのため、風光明媚である・思い入りのある土地であるということも大切ですが、お参りに行きやすいことが重要ではないでしょうか。

自宅からの距離や、現地までの時間だけで考えるのではなく、墓地や霊園までの距離が多少遠くても、交通の便が良ければ案外労力はかからないものなのです。電車を使うのか・バスか・自動車か、自分にとって一番利便性のよい方法で行きやすい場所を選びましょう。

また近隣で、徒歩や自転車を使ってお参りに行く場合は、急な坂がないかなどもチェックする必要があります。

宗派・宗教の制限について

「ここに入りたい」と思った墓地や霊園でも、宗派や宗教が違うと受け入れない所も沢山あります。

先にお話したように、公営墓地の場合は宗派・宗教による制限はまったくありません。仏教、神道、キリスト教なども一切不問です。ただし、抽選に当選しなければ利用できないのが難点です。

民営墓地の場合は、一般的には宗派・宗教は不問です。ただ、経営主体が寺院(宗教法人)の場合、仏教以外は受け入れない、檀家になることが条件などのところもありますので、しっかり確認しましょう。

寺院墓地の場合は、檀家になることが基本ですので、その寺院の宗派でなければなりません。しかし樹木葬の場合は、会員制が多く、檀家にならなくても良く、宗派・宗教は不問で利用できることが多いようです。また、最近は樹木葬ではなくとも、他宗派も受け入れるところもあります。しかし仏教だけというところが多いようなので問合わせをしましょう。