HOME >  知っておきたい墓地・霊園の選び方 >  設備と管理体制

設備と管理体制

このページでは、墓地・霊園選びのポイントとして、設備と管理体制について書いています。

設備と管理体制チェックの勧め

墓地や霊園は、立地や墓地や霊園のつくりだけ良くても、のちのち困った問題が発生するかもしれません。何故なら、運営管理するのは人間だからです。

民営墓地の設備と、管理体制のチェックの仕方を紹介します(先祖代々の檀家であるから選ぶことの多い寺院墓地、住んでいる地域で選べる墓地・霊園が決まっている地方自治体の公営墓地は置いておきます)。

民営墓地の選びの確認ポイント

まず設備です。駐車場、トイレ、水汲み場、通路、休憩場などの設備は広さに対して十分でしょうか。高齢者にやさしい設備を整えているかを見ていきます。

駐車場は、申し訳程度の台数しか置けない所も多いので、自動車を利用しようと思っている場合は、注意するポイントです。

水汲み場が遠いと運ぶのが大変ですし、通路がキレイに舗装されていないと歩きにくく、段差が多いと転びやすくなり、高齢になったときにお参りしにくいと感じてしまいます。

墓地や霊園は、得てして周りに何もないことが多いので、休息場がないとお弁当を食べることも足を休めることもできませんし、トイレも数がないと行くたいときに利用できないかもしれません。最寄り駅から離れている場合は、送迎バスなどがあるかどうかも確認します。

運営や管理として、植木の管理、ごみの処理、電話受付や施設内での従業員の対応はいいか?などもチェックします。こういった細かいところが行き届かない運営では、樹木葬の墓標である木を枯らしてしまったり、きちんとした供養をしてもらえなかったりしそうです。

そして、経営主体や運営管理会社の信頼性も確認するようにしましょう。理念や経営状態などを調べるようにします。利用者のニーズは色々で、年と共に絶えず変化しますから、上記のような点に配慮し、臨機応変に対応している墓地や霊園であることが、とても大切になってきます。