HOME >  知っておきたい墓地・霊園の選び方 >  墓地の種類

墓地の種類

このページでは、墓地・霊園の種類について紹介します。

経営主体で分けられる

墓地や霊園を選ぶ際に知っておきたいのは、その種類です。経営主体がどういった団体であるかで大きく3つに分けることができます。それぞれの特徴をしっかり確かめて、自分に合った墓地や霊園を選ぶようにしましょう。

3つの種類

樹木葬の「ふれあいパーク」(1)寺院墓地

基本的にはお寺の境内にあります。業務委託会社であったり、NPOであったり、またそのお寺自体が管理している墓地のことをいいます。

一般的には、そのお寺の檀家であることが前提になっています。宗派・宗教やお布施や永代供養の額などを含めて、お寺との付き合い方について確認するようにします。

ご住職とのお付き合いも多いので、お人柄が自分と合うかとういうことも考慮するようにします。

(2)公営墓地

地方自治体が管理・運営している墓地のことです。役所に申込みをします。永代使用料や管理費が安く、宗派・宗教は不問です。

現住所がその自治体になければならないことが多く、また継承者がいる場合や御遺骨があることなど条件が色々あるのでしっかり問い合わせします。

基本的に抽選ですが、希望者が多く当選しないことがあります。

(3)民営墓地

宗教法人から委託されて民間の法人が運営している墓地でのことです。財団法人や社団法人が運営している場合もあります。基本的に宗派・宗教は不問で申込みの制限もほとんどありません。

継承者のいない人に合った永代供養墓や共同墓、納骨堂、ペットと一緒に入れる霊園や葬地、など、自分に合った条件でお墓を選ぶことができます。